読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あながち

感想ブログとなるのか、どうか?

映画

クリスウェッジ『ロボッツ』感想

アイスエイジシリーズの監督クリスウェッジによる、人間の存在しない世界のロボットが悪の資本主義を妥当して良心を世界に取り戻すという話。全体としてどことなくマイナー感が漂うことは否めません。題材がロボットなのに主人公がブリキで古くさくて、この…

クエンティンタランティーノ『ジャンゴ 繋がれざる者』

飲み干していいのか不安になるほどの強烈なカタルシス。黒人奴隷であったジャンゴを訳あって賞金稼ぎが買い取り、パートナーとして共に働く=殺すことになる。そして賞金首は主に南部の社会にまぎれた白人の犯罪者。ジャンゴは鞭打たれる立場から一転して「…

テレンスヤング『暗くなるまで待って』の感想

「タイトルがネタバレ」シリーズですが、ネタ頼りではなく地道な展開が飽きさせないのでバレてても問題ないシリーズでもあります。夫婦の愛情が前提にされていて、そのせいでドラマが真面目ったらしくなってしまう感じがあるのですが、そこを引っ掻き回す少…

ジョスウィードン『アベンジャーズ』の感想

地球を超えて宇宙にさえ(人類の可能性ではなく、シンプルに憎悪の対象としての)敵を見出してしまう物語というのはそれだけで脱力感がありますね。ドラゴンボールじゃないんだから。いや、面白いんですけど。キャプテンアメリカをどう扱うか、というのが非…

ギレルモデルトロ『パシフィック・リム』の感想

刺激的な映像ってのはここまで来てしまったのかと思わされます。絶望的な状況、起死回生の一発、そしてそれらにリアリティを担保するためのあまりにも巨大なスケール。ここまで過激な形式にたくさんの人間が慣れ親しんでいるということ自体に驚きます。随所…

レオスカラックスの『ポンヌフの恋人』観ました

[Blu-ray]" title="ポンヌフの恋人 [Blu-ray]" class="asin"> 老朽化のため閉鎖中の橋に住むホームレスの青年のもとに眼を患った絵描きの女性が転がりこみ、恋に落ちます。 たくさんポスターが貼られて、そのポスターにはおっきく顔が刷られていて、それがブ…

ジャンリュックゴダール監督『さらば、愛の言葉よ』を見た感想

ゴダールを見たのはすごく久しぶりです。もはやはじめてと言ってもいいくらいです。 3D映画も久しぶりで、ワクワクと怖さが半々くらいの気持ちで行きました。 筋は、ゴダールがこれまで撮ってきた世界を背景に置きつつ、男と男と女とそれを取り巻く何人かが…

『DRAGONBALL EVOLUTION』ドラゴンボールのハリウッド版をみた

『DRAGONBALL EVOLUTION』(ドラゴンボール・エボリューション、Dragonball Evolution/龍珠演変)は、アメリカ合衆国の映画作品。鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』を実写で映画化した作品である。監督はジェームズ・ウォン。20世紀フォックスが制作・配給…

サイモンウェスト監督の『エクスペンダブルズ2』の感想

『1』はシルエヴェスタスタローンが監督だったけど、今回は『コンエアー』を監督したサイモンウェストが監督です。 消耗品(エクスペンダブルズ)と呼ばれる傭兵部隊がいて、そのリーダーがスタローン。プルトニウムを狙っている悪者がいて、そのリーダーが…