あながち

感想ブログとなるのか、どうか?

堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』1巻読んでの感想

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

シンジくんと比較してみる

シンジくんはみんなが苦しんでて「逃げちゃ駄目だ」を連呼ののち、戦ったりする。

デクは助けを求めている人間を見ると決断すらせずに速攻でヒーロー見参。

親から激励されたかったけどされなかったシンジくん。

デクは、憧れのヒーローに出会い、認められ、学校に。

 

なんでシンジくんと比較してるかっていうと、なんか読んでてずーっとシンジくんが頭に浮かんだからです。絵柄とか流れ的にはグレンラガンのシモンのが近い感じしますが*1、なんででしょう。

エヴァがぜんぜん進まなかったのに対して、『アカデミア』はヒーローの責任といったいかにもアメコミ的な教訓と言うかお話と成長物語とを軸に前進していっていて、そこに能力者バトル系の魅力や学園ものがくっついてる印象。プラス、主人公は才能のない努力型のガチナードで、ちょっと日本っぽい?かな。こうやっていっこいっこ書き出してみるとすっごい複雑ですね。設定ってすごい(月並み) 展開楽しみです。

 

お茶子ちゃんがめっちゃかわいいですね。マサルさんとか武士沢レシーブのヒロイン思い出す、アホいい子って感じです。

 

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

 

 

*1:あれ、オールマイト、もしかして・・・