あながち

感想ブログとなるのか、どうか?

くらもちふさこ『花に染む』5巻まで読んでの感想_重い運命と、軽い運命

花に染む 1 (クイーンズコミックス)

花乃ちゃんはかわいいですね!『コケッコー』以降のくらもちふさこの絵柄と、またちょっと違った感じです。

 

複雑すぎて感想すら書くのが大変ですが、「なにがわかんないかわかんない」っていう複雑さではなくて、個々のシーンごとは明快でしみ入るものがあるから読むことができるのですが、あとからどういうことなのかと考えてみると手のつけようがない複雑さがあります。「まとめ」られないというか。

だったら、まとめる必要はないですね。

 

私ははじめに書いたように花乃ちゃんラブですが、前作『駅から五分』でも異彩をはなっていた楼良ちゃんの扱いも気になります。5巻で登場したアニマルセラピーの伊織くんもそうなのですが、圓上3人と花乃ちゃんという強い縁でギッチギチになっている作品の中心部に対してすごく自由に振る舞う「通りすがりの人」が私は好きみたいです。この作品が運命と人間について話しているとして、運命というとシリアスな雰囲気が強いですが、重い運命があるのならば軽薄な運命があってもいいと思うんですよね。

偶然って言ってもいいです。そもそも花乃ちゃんが陽大くんの流鏑馬を見たのだって、それなんだし。