あながち

感想ブログとなるのか、どうか?

『アルドノア・ゼロ』21話の感想_ドンスタップスレイン

スレインは戦争を止めるためには火星と地球、両者の差異がなくなるところまでいかなくてはならないと言います。そういうことを言いだすともはや全てを駆逐するまで争いは終わりません。そもそも帝国が地球を支配すればまたべつの差異が帝国の中に生まれるだけでしょうし、スレインいよいよ悪堕ち確定でしょうか。上の予告映像のセリフをきいている限り、スレインの胸中にはまだなにかある気がしますが。

こうなると、火星に帝国ができた経緯が気になってきます。そこには単に利害関係しかなかったのか。そういうことが明かされるかは、不明ですけど。

 

界塚弟のチート能力がいよいよ強くなりすぎていて、あれだけ量が増えたカタクラフトを一度に叩ける「目」というと神の目ぽいです。その目を活かせるのも彼の冷静さゆえなのでしょうが、なんというか、それでもあれほどのテクノロジーが地球側にあるのなら・・・という気になってしまいます。

火星側のカタクラフトは「能力者バトルもの」で、地球側を能力のないモブとして見ていて、界塚弟がちば工夫で能力差を打開していくというのが基本スタンスと思っていましたが、目が強すぎて、彼も能力者のようです。