あながち

感想ブログとなるのか、どうか?

『ユリ熊嵐』9話 (あの娘たちの未来)をみた

 

ユリ熊嵐 第2巻 [Blu-ray]

紅羽が銀子を撃つきっかけとなったるるの告白の内容は、「銀子は純花を見殺しにした」というもの。

紅羽に撃たれて落ちていく銀子は百合園と出会い「スキの欲望」を説かれる。

いわく、「スキとは相手を自分に取り込むこと」。

一方でユリーカは零愛を食べただけでは飽き足らず、娘の紅羽をも食べようとするが、透明の嵐勢力=紅羽のクラスメイトに狙撃されて食事未遂のち死亡。

死の間際に紅羽を零愛と見間違え、遺言として盗んだ絵本のページのありかを残す。そこには「あの娘たちの未来」が描かれているという。

その絵本を見て、紅羽ビックリそしてトゥービーコンテイニユー。

 

適当に気になったところ

・百合園さんかわいいから好きだ!久しぶりに出てきたら、超エロい!

・「スキ」にはいろんな側面があるんですね。相手を独り占めにしたいとか、それを通り越して自分の中にとりこんでしまいたいとか。「欲望」というと悪徳っぽい感じがでますが、(キリスト教に根ざした「愛」と違って)「スキ」にはそういう自分勝手な動きも含まれてそうです。

・このドラマは時系列がぐらぐらで、展開が毎度おいにくいですね。結局紅羽は誰に投票したの?

・透明の嵐の人たちはユリーカの傀儡と思ってたのですが、そうでもないみたいですね。超よくわかんない!

・今回はユリーカさんが特にきれいでしたね。「あの娘たちの未来」だなんて言うのだから、絵本に描かれている展開はユリーカの辿った道とはおそらく違っていて、それをあんなにストレートに告白するなんて、ユリーカの中にもいろいろな想いがあったことがわかります。それをも追い越していくスキの欲望・・

・エンディングの熊のアニメーションと音楽、こんなにきっちりハマってましたっけ?

 

 

ユリ熊嵐 クマ出没注意ステッカー

ユリ熊嵐 クマ出没注意ステッカー